≪Java≫ インターフェースのルール

≪Java≫ インターフェースのルール


【メリット】


 ① 継承の場合、継承できる親クラスは1つだけだが、
   インターフェースの場合は、複数のクラスを継承するかのような効果を得ることができる。

 ② インターフェースで定義する「定数」や「抽象メソッド」は、全て public であるため、外部に公開されており、複数のメンバーでシステムを開発する際に共有しやすい。

【書き方】


 interface インターフェース名 [ extends インターフェース名1、インターフェース名2、・・・ ] {
  public 定数
  public 抽象メソッド
}

【ルール】


 ① 「定数」と「抽象メソッド」のみ定義できる。
 ② 定数には、
    public static final が暗黙的に付加される。(わざわざ書く必要なし)
 ③ 抽象メソッドには、
    public abstract が暗黙的に付加される。(わざわざ書く必要なし)
 ④ ファイル名は、クラスと同様、拡張子(.java)となる。
 ⑤ extends で他の複数のインターフェースを継承できる。

※②,③はわざわざ書いても問題なし。

【実装時の書き方】


 class クラス名 [ extends クラス名 ] implements インターフェース名1、インターフェース名2、・・・  {
 クラス定義  
}

【実装時のルール】


 ① 実装するクラスは、クラスの継承と、複数のインターフェースの実装が同時に可能
 ② 実装(implements)するクラスは、実装したインターフェースの抽象メソッドを全てオーバーライドしなければならない。
  (オーバーライドしない場合は、クラス自体が抽象クラスとなる)
 ③ インターフェースの抽象メソッドを実装する際は、必ず public を付ける。
  (インターフェース側では、public の記述がなくても、暗黙的に public が付いている)



引っ越し前の記事
シェアする
senをフォローする
プレミア商品・お得商品情報局(予約・再販情報も)


タイトルとURLをコピーしました