≪Java≫ クラスメソッド・インスタンスメソッド・コンストラクタの違い

≪Java≫ クラスメソッド・インスタンスメソッド・コンストラクタの違い

【クラスメソッド】
 インスタンスが無くても独立して機能するメソッド
  <記述例>
   public static void method();

  ↑ 「static」(静的な)が付きます。

【インスタンスメソッド】
 それぞれのオブジェクト(インスタンス)に含まれて機能するメソッド
  <記述例>
   public void method();

  ↑ 「static」(静的な)が付かない。

【コンストラクタ】
 オブジェクト(インスタンス)作成時に、特定の値をフィールド変数にセットできる
  <記述例>
public class Music {
 String title;
 String artist;
 int price;

//コンストラクタ
public Music(String t, String a){
  title = t;
  artist = a;
  price = 100;
 }
}

  ↑ コンストラクタの特徴
    ① 戻り値(void等)がない。
    ② コンストラクタの名前はクラス名(型名)と同じ
    ③ publicは省略可
    ④ 引数の並び順や個数はフィールドと違ってもよい

  <参考>
     ① デフォルトコンストラクタのアクセス修飾子は、クラスと同じになる。
     ② コンストラクタの中身は、return文以外なら何を書いてもよい。
      (問題のない例)
       Music () { System.out.println(“good sign”); }



引っ越し前の記事
シェアする
senをフォローする
プレミア商品・お得商品情報局(予約・再販情報も)


タイトルとURLをコピーしました