≪Java≫ データ型の種類

≪Java≫ データ型の種類

● 整数型
(1) int型(32bit)
 一般的に使用される。
 範囲:-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 [ -2^31 ~ (2^31)-1 ]

(2) byte型(8bit)
 音の振幅・グラフィックスの色・通信データ等で使用される。
 範囲:-128 ~ 127 [ -2^7 ~ (2^7)-1 ]

(3) short型(16bit)
 int型の半分
 範囲:-32786 ~ 32767 [ -2^15 ~ (2^15)-1 ]

(4) long型(64bit)
 巨大な整数を扱えるが、そのため一部の構文ではlong型だけ使えない等の制約がかかるケースがあります。
 範囲:-9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,3702,036,854,755,807(922京3372兆0368億5477万5807)
    [ -2^63 ~ (2^63)-1 ]
 ※使用時は、数値の末尾に 「L」 または 「l(小文字のL)」を付加し、long型データであることを明示する必要あり。(「L」 または 「l」 と付加しないとコンパイルエラーとなる)
 ※ただし、String型からlong型へ変換する際の構文では 「L」 や 「l」 を付加すると実行時エラーとなるので注意が必要。
 (例) long l = Long.parseLong(“123456789■”);
  ↑ 上記の例の ■ 個所には 「L」 や 「l」 は付加しないこと!!

● 浮動小数点型
(1) double型(64bit)
 float型の2倍の有効桁数を持てるため「double」。
 有効桁数:10進数で15桁

(2) float型(32bit)
 あまり使用されない。
 有効桁数:10進数で7桁
 ※使用時は、数値の末尾に 「F」 または 「f」を付加し、float型データであることを明示する必要あり。(「F」 または 「f」 と付加しないとコンパイルエラーとなる)

● 文字型
(1) char型(16bit)
 ひとつの文字を扱う型。非負の整数型とも言える。
 範囲:0 ~ 65535 [ 0 ~ (2^16)-1 ]

ついでに、String型から数値型へ変換する場合、
 long l = Long.parseLong(“123456789■”);
で「L」または「l」を付加すると実行時エラーとなるが、
 float f = Float.parseFloat(“7451.123F”);
のように、float型の場合は、数値の末尾に「F」または「f」を付加しても問題なし。(付加しなくても問題なし)
また、以下のように、
 int i = Integer.parseInt(” 50″);
空白をあけるのは不可。
 int i = Integer.parseInt(“0050”);
のように「0」を付けるのは問題なし。



引っ越し前の記事
シェアする
senをフォローする
プレミア商品・お得商品情報局(予約・再販情報も)


タイトルとURLをコピーしました