≪Java≫ 乱数の書き方

≪Java≫ 乱数の書き方

double random()
引数:なし
戻り値:0.0(含む)~1.0(含まない)の間の値

【使用例】
public static void main(String[] args){
 double rdm = Math.random();
 System.out.println(“乱数 = ” + rdm);

【 [ 0(含む) ~ n(含まない) ] の乱数は?】
 double rdm= Math.random() * n;
(例)
 ( 0(含む) ~ 5(含まない) )の乱数
 double rdm= Math.random() * 5;

【( m(含む) ~ (n+m)(含まない) ) の乱数は?】
 double rdm = Math.random() * n + m
(例)
 ( 1(含む) ~ 6(含まない) )の乱数
 double rdm= Math.random() * 5 + 1;

※ ↑ここまでは全て浮動小数点の乱数を得る。

【( m(含む) ~ (n+m)(含まない) ) の乱数で整数を得るには?】
 double rdm = (int)(Math.random() * n + m);
↑このようにキャストを利用する。(random含む式を全て()でくくるのを忘れないように)
(例)
 ( 1(含む) ~ 6(含まない) )の乱数 ( → スゴロク)
 double rdm= (int)(Math.random() * 5 + 1);

※ 「n」は乱数で得たい、○個と○個の間の個数。( → スゴロクなら、1から6 なので nは6 )
※ 「m」は乱数で得たい、○個~○個の始まりの数。( → スゴロクなら、1から始まるので mは6 )



引っ越し前の記事
シェアする
senをフォローする
プレミア商品・お得商品情報局(予約・再販情報も)


タイトルとURLをコピーしました