≪Java≫ 抽象クラスのルール(注意点)

■ 抽象クラス


 (1) abstract を記述する。
  (例)
   public abstract class Test(){ … }
  → アクセス修飾子は public なしでも問題なし。
  → クラス内に抽象メソッドがなくても問題なし。
    (↑ 味がないかもしれない。普通は抽象メソッドが存在し、サブクラスでオーバーライドされる)

 (2) オブジェクトは作成できない(newは使わない)
  → 実装(new によるオブジェクト作成)は、サブクラスで行う。

 (3) サブクラスで、抽象メソッドを実装する。
  → 基本的には、抽象クラスの抽象メソッドをサブクラスで全て実装(具象メソッドに)する。
  → 一部の抽象メソッドのみ実装した場合(抽象メソッドが残っている場合)は、サブクラスはスーパークラス同様に抽象クラスになる。(さらにサブクラスで具象クラスになる必要がある)

■ 抽象メソッド


 (1) abstract を記述する。
 (2) メソッドとしての処理内容がなく、セミコロン(;)で終了する。
  (例)
   ・ public abstract void show(int n);
   ・ abstract int getInt();
    → アクセス修飾子は public なしでも問題なし。



引っ越し前の記事
シェアする
senをフォローする
プレミア商品・お得商品情報局(予約・再販情報も)


タイトルとURLをコピーしました