外付けHDDのフォーマット変換方法(FAT32⇒NTFS)

Windowsのリカバリファイルを作成する際に、最近は容量が大きいのでDVDだと10枚くらい必要だったりします。

当然、外付けHDDを利用することになるのですが、システムイメージを保存する時は、外付けHDDのフォーマット形式が「NTFS」でないといけません。

新しく外付けHDDを買ってくる場合は良いのですが、すでに使用しているHDDのフォーマット形式が「FAT32」だと、フォーマットするわけにもいきません(すでに存在するファイルが消えてしまいます)

そんな時は、コンバートしてみてください。

方法は簡単です。

コマンドプロンプトを立ち上げ、

(立ち上げ方がわからない方は、「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」をクリックし、名前の欄に「cmd」と入力してOKをクリックしてください)

convert e: /fs:ntfs

※↑上記の「e」はドライブ名なので、必要に応じて変更してください。

もし、

「現在のボリューム ラベルを入力してください」

と表示された場合は、一旦、適当な文字列を入力してEnterで取り消し、コマンドプロンプトに認識してもらえるボリューム名を確認してください。

VOL e:

※↑上記の「e」はドライブ名なので、必要に応じて変更してください。

変換が成功すれば、「変換が完了しました」とメッセージが表示されます。

しかし、(私がそうだったのですが)

「データ エラー (巡回冗長検査(CRC)エラー)です」と表示された場合は、

一応変換はできているようですが、HDD自体に問題があるので、できれば修復するか、別のHDDを使用した方がよいと思います。



引っ越し前の記事
シェアする
senをフォローする
プレミア商品・お得商品情報局(予約・再販情報も)


タイトルとURLをコピーしました